スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝犬が行く 3 ―雨乞いの滝―

さてさて、滝めぐり第三弾。

次は払沢の滝から「少し」奥にある滝に行くつもりだった。
しかし、行けども行けども滝への入り口が見えてこない。
どうやら見落としてしまったらしい。
ついに車は 「もう少し頑張れば山梨入っちゃうよ♪」 というところまでやってきた。

しかし、そんな迷子たちでも何かしらの滝に出会えるのが檜原村のスゴイところ。
引き返そうかと悩む一行の前に

「雨乞いの滝→」

という看板が現れた。
もちろん行くしかない。


入り口から滝までは時間はそんなにかからないけれど、
ちょっぴりトレッキング気分を味わえる道が続く。

09082501.jpg

過保護心優しいDは 「ハル大丈夫?登れるの?」 などと心配する。
そんなDの懸念とは裏腹に、足場の悪いところをいちばん上手に歩いて行くのは
当然、ハルだ。

09082502.jpg

森や川や知らない動物たちのニオイを嗅ぎながら歩くのは、
ハルもすごく楽しかったと思う。

ちなみに、桧原村の車道には「動物注意」の看板がいくつか見られる。
でもこの日私たちが出会ったのは、リスだけだった。


しばらく歩くと目の前が開けて、滝が現われる。

09082503.jpg


雨乞いの滝だ。

09082504.jpg

もう雨乞い充分!というくらい、ここも水量がすごい。
こじんまりした滝だと勝手に思っていたので、すごく得をした気分だった。


09082505.jpg
滝犬、記念写真。

滝の前に座らせると、このカメラ目線。
段々わかってきたな、オヌシ。

しかしこの後、滝壺で写真を撮っているおじさんに「遊んでくれ」と鼻を鳴らし始めたので、撤収。

09082506.jpg
お疲れさまでした。

この日のお土産は、真っ赤なタカラダニ2匹。
泥んこになるし虫もいるし、帰ってからのシャンプーは必須だけれど、
とても楽しかったのでこれからも時々滝を見に行こうと思うのでありました。



もうすっかり秋の気配ですね。今年の夏は短かった・・・。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。