スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じニオイ

9051001a.jpg

「遊ぼうよ!」と誘っておいて、相手がそれに乗ってくると怖くなる。
イケイケのワンコにはビビリまくって逃げまくる。

そんなハルだが、時々飼い主がビックリするほど堂々としていることもある。


H先生のレッスン時、かなり大きめのラブに出会った。
大きいワンコが来ると、
大抵飼い主の後ろに隠れてしまう我が家のヘッピリ腰。

だが、この時はスックと立ったままラブ君に挨拶し (かっこいいぞ!)
そして自分のお尻のニオイを嗅がせていた (ヒューヒュー!)。


実は、そこにはちゃんと理由があった。
このラブ君、色々と事情があってかなりのビビリンだったのである。


これはいつも思うのだけれど、
ヘッピリ腰v.sヘッピリ腰という時ほど、ハルは堂々としている。

ハルは優しい子が好きで、傍にいるとリラックスしているのがわかるけれど、
ヘッピリ仲間と会った時はまた少し違うことになる。
ちょっと余裕が見られたりするのだ (感じ悪いな、おい)。

飼い主的にはとてもフクザツである。



おまけ:河川敷で会ったワンコ。
9051001.jpg
お互い完全無視。



そろそろ昼間の散歩が暑くなってまいりました。早いなぁ。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。