スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカンス中


ある晴れた午後。


90101.jpg




90102.jpg




90103.jpg




90104.jpg





90105.jpg


ん? ああ、あいつか。

あいつには休暇を与えた。

たぶん今頃、温泉に入って日光浴でもしてるんだろう。









90106.jpg




パンダちゃんが温泉に?!ええ、洗剤入りですが。
 温泉大好き!という方は、応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
スポンサーサイト

リビングに住む・・・

ハルは主に手作りゴハンを食べていますが、
時々はドライフードのお世話にもなります。

フードのチョイスは難しくて、今まであれこれと悩んだりしました。
色々なお店から色々な試供品を取り寄せて、
食べてみたこともあります。

ええ、飼い主が。
えへ。


90201.jpg


なんか言われてますね。


オヤツでもフードでも、ハルに与えるものは
とりあえず自分で食べることにしているので、
そりゃあもう、色んなフードをカリカリポリポリ食べてみました。

飼い主が食べて何がわかるというわけでもないのですが、
そうすると添加物や着色料がより気になって
アヤシイものは選択肢から外れるという利点がある、
・・・ような気がするのでそうしているわけです。
気休めですな。


でも正直なところ、無添加、無着色のジャーキーやフードであっても、
「あら、食べたいわ~♪」と思うことはあんまりありません
(あんまりかい!)。
「ま、食べてもいいかな」あたりのものを選ぶ・・・という感じです。

どうしても食べられないのは、アキレスと豚ミミ。
もうこれは、ハルに丸投げです。

反対に、ごくまれにですが「ああ、あれもう一回食べたいな~」と
思うものもあったりします(あるんかい!)。
紫イモのクッキーとか、バナナと豆腐のパウンドケーキとか・・・。
これならおいしそうですよね?

今までいちばん美味しかったフードは?と聞かれると返答に困りますが、
ヒト的には、基本すべて
「“#%△@%&P●=P!」
という感じだと思います。当たり前か。

でも、飼い主がそんなふうに頑張って試食しても、
それをハルが食べてくれなきゃもちろん意味がありません。

そして、そのハルはとっても偏食です。

フードの好みがガッチリ固定しているので、
新しいモノをあげてもまず食べません。

だから、色々試したといっても、そのフードが良いものかどうか
ハルに合うのか合わないのか、
実は全然知らない飼い主だったりするのです。

飼い主が知っていることといえば、自分的にはどんな味だったか、
ということだけ。

・・・まったく役に立たない知識ですな。
えへ。

90202.jpg


そんなわけで、ずいぶん前にフードを試すのはやめてしまいました。
そんなにソレが好きならソレで行け!と、
現在たまにあげるフードは、ハルの好みのものに固定しております。


で、その試食に励んでいた頃、とても気になったフードに
「ティンバーウルフ」というものがあります。

これは、中身もさることながら
キャッチコピーが素晴らしかった!←オイ

どんなコピーだったかというと・・・


「リビングに住む狼」


キャ~~~ッ!ですよ。

オオカミ好きの飼い主としては、たまらないじゃないですか。
そうか!ワンコって、リビングに住むオオカミだったんだ♪


リビングに住む・・・・・・


90203.jpg


オオカミ・・・・・・。

・・・・・・ホントか?


でも結局、これも試供品を取り寄せたものの
ハルが食べなくて断念しました。
いまだにコピーにはとても惹かれているのですが。

ところで、飼い主的にお味はどうだったかというと・・・
そうですね、ハーブの香りがとても強うございました。
えへ。



オヤツやフードって試食しますか?
 「私なんか酒のツマミはササミジャーキーよ!」という方は、
 応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

毛刈りドキュメント

それはハルの誕生日のことだった。

ハルと遊んでいた時、ひっくり返ったお腹をふと見ると、
チン○ンのあたりに何やら茶色いものがついているのに気づいた。

いやーっ!何これ?!もしかしてダニー?!

ビビリながら腹毛(毛が薄くても一応ある)を掻き分けてよく見てみると、
チン○ンにオデキのようなものが出来ていて、
はがれかけたカサブタがヒラヒラしている。
おまけにそのすぐ脇のお腹部分には、まだはがれていないカサブタが
転々としていた。

ちょっと、ちょっと!とDを呼び、二人で確認する。
ひっくり返されて困っているハルの上で、飼い主二人は頭をつき合わせて

「カサブタだよね」
「カサブタだよ」

と確かめ合った。

よし! フィラリアの薬をもらうついでに、明日は病院だ!


90401.jpg


次の日、お散歩がてら獣医さんに行って、ハルのお腹を見てもらった。
さすがに診察台の上でゴロンはできないだろうな~、と思ったので
ハルの前足を持って立たせた状態で診てもらう。

ふむふむ、とハルのお腹を見ていた獣医さんは
「皮膚病ですね」と言った。
確かにそう言った。


もうその瞬間、飼い主の頭の中では色んなことがグルグルと
駆け巡ったのだけれど、
とりあえず、いちばん心配でいちばん聞きたかったことが口を突いた。

「この、この毛が薄いのも皮膚病だからだったんですね?!
おかしいと思ってたんです。毛が薄すぎるんです!」

飼い主の剣幕がすごかったのかもしれない。
獣医さんはすぐ、
「えぇーと、つまり、オシッコかぶれです」と言った。


恥ずかしながら飼い主は、犬の皮膚がオシッコでかぶれる場合がある、
ということを知らなかった上に、
「皮膚病」という言葉に激しく驚いていたので、思わず

「移りますか?」

などとバカなことを訊いてしまった。
「舐めれば、拡がりますよ」と言われて、ようやく事態が飲み込めた飼い主。

ああ、良かった。他のワンちゃんに移したりするものじゃなくて、
「かぶれ」なのね! ←だからそう言ってる


90402.jpg


それでも、やっぱりさっきの疑問にこたえてもらいたくて
この機会にしつこく訊いてみることにした。

「先生、ハル、毛が薄いんです。換毛期だって、こんなに長いもの
なんでしょうか? 抜けるだけで、ちっとも増えないんです」

もうオシッコかぶれがどっかに行ってしまっているが、
これはどうしても一度ちゃんと訊いておきたかったことだったのだ。

でも、コームでハルの毛を梳いた獣医さんは
コームについた毛を見て「大丈夫、これは換毛ですよ」と言ってくれたのだった。

ということは、毛薄はハルの個性なのか・・・。

いや、病気じゃないということがわかって母ちゃんはホッとしたよ。うん。



で、肝心のオシッコかぶれ。

消毒薬と塗り薬を出しておくから、朝晩塗ってあげてください、
オシッコの後は忘れずにお腹を拭いてあげてください、と言われる。

「本当は、お腹の毛を刈っちゃうのが一番いいんですけどね~」と獣医さん。
「あ、じゃあお願いします」と言うと、
「あ、いんですか? じゃあ!」という感じで
ハルの腹毛を刈ることになった。


ふたたびハルを「立っち」の姿勢にして、獣医さんにハサミで刈ってもらう。
なんとなく、沈黙がイヤだったので

「先生、昨日ハルの誕生日だったんです」
「ああ、それはおめでとう、ハル」
「グゥ・・・」 ←ハル

などという会話を交わしながら、毛刈りが終わった。


結局ハルは、チン○ンとチン○ンの右側のお腹だけがツルツル、
という不思議な状態で帰ってきた。
まあ、誰に見せるわけじゃなし(飼い主以外に腹を見せたことがない)、
よしとしよう。


90403.jpg

こんな時だけ、パンダちゃんに泣きつくな。


それから朝晩、消毒して薬を塗っているおかげで、
かぶれは拡がらずに収束に向かっている。

ハル、1歳の初毛刈りでした。



何気に真剣に薄毛に悩んでいる飼い主。
 「確かに心配ね…」と思った方は、応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

ベランダであれこれ

我が家はマンションである。
ペットOKではあるが、ベランダに犬を出してはいけない(と思う)ので
ハルはベランダ禁止である。

小さい頃は「ベランダに下りるなんてトンデモナイ!」という感じで
ビビってくれたから良かったのだが、
今は外のニオイに惹かれるのか、ベランダに出たくて仕方ないらしい。


90601.jpg


洗濯物を抱えて、さあ干すぞ~、とリビングに入ると、

「待ってました! こっちだろ? ベランダだろ?」

とばかりに、クルクル回りながら窓辺に突進する。
興奮しすぎて洗濯物に飛びつくハルをよけつつ窓を開けると、
今度は「ワン!」と鳴く。そしてまたクルクル回る。

それでも、今までは「待て」をさせれば
洗濯物を干し終わるまで待っていることができたのに、
先日、振り向いたらヤツがベランダに下りて固まっていた。

OH! NOー!

驚くとすぐに叫ぶ飼い主ではあるが、この時はさすがに自制心が働いた。
ハルを驚かせないように、いやそれよりお隣さんを驚かせないように、
小声で 「ゴラ」 と一喝して
固まる脱走犯を捕獲したのだった。

ここしばらく飼い主がピリピリモードなので
何かと悪さをするハルである。


90602.jpg


ところで、我が家のベランダからは時々洗濯物が落ちる。というか、落とす。
飼い主がウッカリしているせいで、
タオルやらTシャツやらをヒラヒラと落としてしまうのだ。
今までに落とした最大の大物は、シーツだった。


マンションの1階は各戸に庭がついているので、強風にあおられたり、
留めるのを忘れられたりした洗濯物は、当然そこに向かって落ちていく。
もう少し遠くまで飛んでくれれば中庭なのに、
あと一歩というところで個人のお宅の庭に落ちてしまうことが多い。

洗濯物が落ちるとそのお宅に取りに伺うのだが、
これがとっても恥ずかしい。
迷惑だろうな・・・と思うし、人見知りだし(本当です)、
かなり憂鬱になるのだ。


90603a.jpg


そんな我が家の真下のお宅には、女神が住んでいる。
(いや、ホントは男性だけど)

「すみません、○階の○○です。
 さっき、オタクのお庭に洗濯物を落としてしまって・・・」

しどろもどろに訪問すると、必ず一人の男性がスーッと現れる。
そして、

「あなたが落としたのは、青いシーツですか、それとも白いシーツですか」

と尋ねるのだ。

「えぇと・・・青いシーツです」

と答えると、

「あなたは正直者ですね。
 褒美にピンクのシーツをあげましょう」

と言って、ピンクのシーツをくれるのである。


ごめんなさい、嘘です。


90604.jpg


でも本当にその方は、落ちたものをいくつか手に持って出て来て
「こちらのTシャツですか、それともこちらの・・・」
と尋ねるのだ。泉の女神みたいに。

色々と洗濯物を見せられると、
なんだかいっぱい落っこちて来てるんだなぁ、
申し訳ないなぁ、と思う。


そんなわけで、ハルにベランダに下りないように教え直すことと、
飼い主が洗濯物を落とさないように気を張ることが
当面の課題となっております。



洗濯物、落としませんか?「うちは1階で迷惑してんのよ!」
 という方、 本当、申訳ございません(汗)

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

走れ、飼い主!~バトンがやって来た2~

いつもあったかくて笑えるコメントをくださるデンドンさんから、

「性格バトン」

なるものが回ってきましたよ。


自分について答えたうえで、
色々な性格の人にバトンを回していくようなんですが、
デンドンさんによるとこの飼い主は

「面白い」

ということで、「残酷」からは外してもらえて良かったな、と思います。
ありがとうございます♪


とっても面白いバトンですが、あまりに回す人が多いので
今回は「お持ち帰りで」ってことにさせていただきました。
デンドンさん、ごめんなさい!

とは言いつつも、私もいつも遊びに来てくださるみなさんの性格が
知りたいぞ!ってことで(うしし)、
興味のある方はコメント欄に「拾ってくね~」って
入れてくださると、飼い主非常に嬉しいです。


それでは、ゴール目指して走ってみたいと思います。
行ってみよ~!


90801.jpg


1.自分で思う性格

  時間と日にちにルーズな常識人。


2.人から言われる事

  「さえ、ヘン」


3.男女関係なく友達の理想

  一緒にいて楽な人。長く会わなくても、
  会わなかった時間を感じさせない人。
  あら、私ってマトモ。


4.好きな異性の理想

  笑うところが一緒の人。
  無口だけど(これ重要)、口を開くと死ぬほど面白い人。
  一緒に笑えれば、結構色んなことがチャラになります。   

  ちなみにDにこの質問をしたら「気を使っちゃって言えない」と
  言われました。どういうことだ、それ。


5.最近言われて嬉しかった事

  これには困りました。特にないのが悲しいですね。
  強いて言えば、「来年もうちの仕事お願いね」。
  はい、仕事もらったことくらいです。


6.送り主の顔は見た事ある?

  ないです。でも、私の中ではすでにお顔が出来上がってます。

  丸顔で、目がパッチリしていて、セミロングの巻き髪・・・
  というのがデンドンさんです。
  いつかお会いしてみたいですね。


7.送り主の印象は?

  永遠の少女。

  怖い映像を見ると夜中に叫んだり、
  パンダちゃんをクマだと思っていたり、
  我が家の下の洗濯物の女神を超イイ男に想像したり、
  とても想像力が豊かでかわいらしい印象があります。

  たぶん、ふわっとした雰囲気の、楽しい方なんだろうなと思ってます。
  

8.次に回す人

ここは、それぞれの性格に当てはまるであろうお友達を
ピックアップして、その方にバトンを回すコーナーだったのですが、
飼い主が勝手に変えさせていただきました。

じゃーん!

8.さえが思う、「こんな人はあんな人」


クール= 真冬でもTシャツ1枚の人。


残酷 = 最初に鶏肉と鶏卵を混ぜて「親子丼」と言った人。


可愛い= このバトンを拾ってくれる人。


面白い= 駅で電車を追いかけてる人。


癒やし= 職場で爆睡している人。


カッコいい= 毎年、日テレの「仮装大賞」に出てる人。


大人 = 注文したのと違うピザが届いてもキレない人。


子供 = 注文したのと違うピザが届いたら、キレてお店に電話する人。



う~ん、どうなんでしょう。
やっぱり私って黒いんでしょうかね?

あ、私は注文したのより安いピザが来たら、キレます。
高いピザなら黙っていただきます。



「アンタ、真っ黒じゃない!」と叫んだ方は、
 応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

ヤンキー、現る

それは飼い主がちょっと目を離した隙に起こった。
見よ、この惨劇を。

91001s.jpg



もっとよく見ます?

91002.jpg


仕事用の資料である。1万2千円である。

イチマンニセンエンだぞーっ! しかも新品。

犯人を現場に呼び戻さねば。


おい。


91003.jpg

なんじゃ、その目は。
それから、オモチャ持ってこなくていいから。


あのね、これ大事な本なんだよ。
外箱だからいいってもんじゃないんだ。
箱がちゃんとしてないと、後で売ろうと思っても売れないでしょ。
いや、売るつもりはなかったけどさ。


91004.jpg


キィイィイィーーーッ!!!


見えたぞ、今! こんなのが見えたぞ、おい!






91005.jpg



もう母ちゃん、情けなくて涙が出ちゃう。



91006.jpg

今頃ツバメなんていません!



現在、飼い主の締切が近いため
いろんな意味で家が修羅場となっております。
これまでは本なんかイタズラしなかったんですが・・・。


そんなわけでしばらくの間、亀更新・亀レスになるかもしれませんが
気長におつきあいくださいませm(__)m
よろしくお願いします。



母ちゃんだってハルと遊びたいんだ!
 のたうつ飼い主に応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

お宝ハンター

最近(というかもう2ヶ月くらい)さぼりまくっている
ハルのトレーニング。

今朝、久しぶりに色々やってみたら、
ものすごく嬉しそうでした。

91800.jpg

「ツケ」でもう、この笑顔。

もう少ししたら、いやっていうほどできるからね。


そんなわけで、今日は朝からたくさん遊びました。

残念なことに、ハルはボール投げにあまり興味がないので
飼い主が「ちょっと今は取っ組み合いたくないな~」とか
「ひっぱりっこは疲れるな~」という時、
我が家では「宝探し、やるか!」となります。

ハルに「待て」をさせている間に飼い主が宝を隠し、
「よし!」でそれを探し出すわけですが、
ハルはこれを何度でも飽きずにやります。

あ、宝はもちろん、パンダちゃんのことが多いです。

91801.jpg

このゲームを始めたのばかりの頃は、
宝を隠して振り返るとハルが後ろにいた・・・
なんてこともありましたが(超フライング)、
今は待てば待つほど難易度の高い場所に宝が隠される=面白い、
ということがわかっているので、
このゲームの「待て」は完璧です。


今日は洗面所にバスタオルを敷いて、
その下に隠してみました。

よし、行ってこい!


91802.jpg



91803.jpg



91804.jpg



91805.jpg


手間かかるのが好きなくせに。


家中をクンクンして歩く姿が面白いので
本当は動画をお見せしたかったのですが、
現在の我が家はまるで空き巣に入られた後のような状態。

主婦の皆様が卒倒すること請け合いなので、
涙ながらに断念しました。


91806.jpg



そんなわけで、「とりあえず、ハルは元気」と題した
あまり意味のない動画をお楽しみください。(音声あり)




いや、今のは母ちゃんのコントロールが悪かったな。
でも、カメラ持ってオモチャ投げるの、難しいんだよ・・・。



おかげさまで、腰はすっかり良くなりました!
 「おばあちゃん」から「おばちゃん」に復帰です。あはは・・・。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

母ちゃんミステイク

※お食事中の方は、食後しばらくしてからお読みくださいませ。

92100.jpg


昨日の朝、ハルと飼い主の気持ちはちょっとすれ違ってしまった。


ハルを起こしてケージから出し、一緒に再会の舞を舞った後、
ハルがトイレにシッコをした。いつものように。
飼い主はそれを見ながら、昨夜からトイレシーツを
替えていないことに気づき、いそいそと交換の準備を始めた。

あとでウンチをする時、キレイなシーツだったほうが気持ちいいだろう、
という親心である。← 昨夜のうちに替えておくのが正しい親心


ハルは毎朝、部屋をひとっ走りした後にウンチをするので、
まだまだ時間はある、と思った。
そんなわけでトイレシーツを交換するためにしゃがみながら、

「ハル、ウンチしたいよね? 今、母ちゃんシーツ取り替えるからね。
ウンチちょっと待っててね♪」

と背後のハルに声をかけた。


親切のつもりだった。
が、ウンチ、ウンチと言いすぎた。


気配を感じて振り返ると、ハルがまさかのウンチングスタイルに入っていた。

「!!!」← 目が合って、お互いこんな感じ

「ウンチ」という言葉に刺激されたのか。
いつもウンチの時に「ウンチ、ウンチ♪」と音頭をとっているのが
仇になったのか。


すでにハルは、ぎりぎりまで顔をこちらに残しながら・・・回るっ!
という、バレエのターンのような格好で回っていた。
ウンチング・ピルエットである。
これが出たら、もう誰にも止められない。

あわててトイレシーツをお尻の下に持っていったが、体の回転とともに
ブツは遠心力によって的を外れて落ちていった。


ただでさえ、やさぐれている最近のハル。
ハルを責めることはできなかった。

92101.jpg



92102.jpg


これから「ウンチ」という言葉には気をつけようと思った朝であった。


おまけの動画。題して「やさぐれハル」
(今日も音声ありですが、友人やDから「皆さんを騙しているのではないか」と
クレームがついたため、飼い主の声はありません)。






そろそろDが帰ってくる時間だったので、耳を澄ましているハル。
 獲物(リーダーとも言う)の帰りを待つハルに、応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

俺だって色々あったんだ

この1ヶ月ほど、我が家では色んな変化があった。


ひとつは、ハルと一緒に寝るようになったこと(昼間限定)。
ここしばらく飼い主の生活はメチャクチャで、昼間に眠るような状態だった。
ハルとのスキンシップ不足を嘆く飼い主は、
どうせならお昼寝はハルと一緒に、ということに決めたのだ。


もうひとつは、ハルの食欲減退。
飼い主とハードに遊ぶ機会が少なくてお腹が空かないのかな、なんて
思ったりもしたけれど、どうもそうではないらしい。
一昨日からイキナリ復活を遂げた食欲のすごさを見ると、
やっぱり精神的に参っていたんだと思う。


93001.jpg


そして、いちばん大きな変化は、「吠え」!

Dが帰ってきたり、お客さんが来たりすると嬉しくて吠えちゃうハルだが
(これも何とかしたいけど)、
それ以外ではもともとあまり吠えない子だった。

それがこの1ヶ月ほどは、外の物音にやたらと反応するようになってしまっていた。
何か手を打たないといけないけれど、
飼い主にはハルの警戒吠えにじっくり取り組む時間がない。

「ワフッ、ワフッ・・・」なんて声を背中で聞きながら
「待ってろよ、ハル。もう少ししたら母ちゃん、
何とか対策練ってやっから!」
なんて思っていた。


そういえば、こっちの仕事場でお煎餅の袋をガサガサ開けただけで
リビングからハルの警戒警報発令!なんてこともあった。
煎餅くらい、好きな時間に食わせてくれ。


そんな状態だったから、仕事をしながらも
「もしなかなか治らないようだったら、天罰方式(吠えたら
こちらで嫌な音を立てたりすること)もアリか・・・」
なんて悩んでいたのに、
仕事が終わったらそんなことすっかり忘れてしまっていた。
なぜかというと・・・
この3日間、ハルが一度も吠えなかったから!


玄関でお隣のドアの音に吠え、
開けた窓からは外の話し声に吠えていたハル。
それが、飼い主の仕事が終わった途端にピタリと止んだ。


前にもこんなこと(コチラ)があったはずなのに、
母ちゃんすっかり忘れてたよ。
キミがリラックスするためには、
何よりも母ちゃんがリラックスしてなきゃいけなかったのに。
忘れっぽくてごめんね。


93002.jpg


・・・キミ、明日シャンプーの刑ね。



そうなの?これが若年性なの?!
 「そうよそれよ!」と思った方は、応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。