スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハル、あるいは母の挑戦

みなさま、こんばんは。または、こんにちは。
飼い主、戻ってまいりました!

そして、ハルも元気に実家から戻ってきました。
実は飼い主、胃が痛くなるほど不安になりながらハルを預けたのですが、
何事もなくて本当に良かったです。

8011.jpg

             お出かけ前にシャンプーしたハル



今回、ハルを預けるにあたって、実家の母との間で
こんなやりとりがありました。


〈第1ラウンド〉
 さえ「あ、もしもし、お母さん? あのさ、実は今度調査行くんで、
    ハルを・・・」

  母「イヤ!ダメ!あんな小さい子、どうしていいかわかんないわよ!
    無理です!ホテル探しなさい、ホテル!」

 さえ「・・・・・・うん、じゃあそうしてみる」



〈第2ラウンド〉
 さえ「あ、もしもし、私。ハルを預けるホテルね、ちょっといい所が
    あったんだ。ドッグランも付いてて、昼間はそこで遊ばせて
    くれるんだって」

  母「あら、いいじゃない!」

 さえ「スタッフの人が判断して、相性のいい子同士で遊ばせてくれる
    みたい。そこならハルも安心かな、なんて思って」

  母「そうね、他の子と遊べるなら、少しは気がまぎれるかもしれない
    わね。うちに来るよりずっといいわよ」 ←必死

 さえ「うん。でもね、営業時間が決まってるからさ、朝早く出るには
    前の日に泊まらせないといけないし、帰りも遅くなったら迎えに
    いけないし、そうすると結局4泊になっちゃうんだよね」

  母「4泊?! そんなになるの?」

 さえ「うん。ちょっとそれはさ、かわいそうでしょ?知らないところで
    4泊だよ?!」 ←こっちも必死

  母「4泊・・・」

 さえ「で、色々考えたんだけどね、申し訳ないけどやっぱりお母さんに
    お願いした方が、ハルも安心するんじゃないかなと思って」

  母「・・・・・・・・・」

 さえ「知らない家じゃないし、出発まで何回か、ハルにそっちでお留守
    番させる練習させれば慣れてくれるかな、なんて思うんですが」

  母「・・・・・・いいわよ。預かるわよ! でもね、何があっても
    知らないわよ!そりゃあママだってね、『ハルは任せてチョー
    ダイ!心配しないで行ってきなさい』って言ってあげたいわよ。
    でもね、ハルに何かあったらアンタは発狂するだろうし、この
    世の中何が起こるかわからないんだからね! ヘンなもの拾って
    食べちゃうかもしれないし、緊張してお腹壊すかもしれないし、
    淋しくて泣きやまないかもしれないし、それから、もしももしも
    お父さんがウッカリ踏んづけちゃっても文句言わないでよ! 
    万が一ってこと、あるのよ! 万が一ってことが!
    ・・・・・・そんなカンジで、何があっても構わないならウチで
    預かりますけど」

 さえ「・・・・・・・えと、もう一軒心当たりがあるので、ちょっと
    そこに当たってみます」

  母「はい」

8012.jpg

                  「俺の話か?」


〈第3ラウンド〉
 さえ「・・・あのー、もしもし」

  母「どう?ハルくんのホテル決まった?」

 さえ「いや、あの、実は獣医さんに聞いてみたんだけど、まあ、実家が
    近いんだから実家の方が断然いいでしょう!みたいな(涙)」

  母「ああ、そうなの。じゃあこっちも覚悟決めるから、さえも覚悟
    決めなさいよ」

 さえ「・・・・・・(涙)」

  母「まあ何とかなるわよ。ママもできるだけ何事もないように気を
    つけるけど、とにかくあんなに小さい子は初めてだからね(母は
    柴犬以外は大型犬しか飼ったことがない)、何かあったらごめん
    なさいね~。あはは」

 さえ「・・・うう、よろしくお願いします(涙)」


紆余曲折を経て、こうしてハルの「初お泊り IN 実家」が
決定したのでした。



私の実家は近いので、ハルはこれまでもお散歩中に立ち寄ったり、
みんなで夕食を食べに行ったりとよく顔を出していたのですが、
さすがにそこでお留守番したことはなかったので、
すぐさま練習開始となりました。

ハルを実家において、私が買い物に行ったりしてみる、というのを
3回ほどやったのですが、いずれもハル、玄関から動かず。
フセをしたまま玄関ドアを見つめ、時折立ち上がって激しく吠えるという
状態だったそうです。

迎えに行くたびに、確かにハルの声が聞える・・・。
いつもは母の膝で甘えているのに、
「もう、もう、私なんか見向きもしないのよ!どうしよう!」と焦る母。
それ以上に焦る飼い主。


で、結局、当日は全員で実家に前泊することに。
一晩一緒に寝れば、少しは落ち着くのではないか、という考え
だったのですが・・・甘かったですね。

家を出る時から、タダナラヌ雰囲気を感じ取っていたハルは、
実家に着いた途端、少しでも私の姿が見えなくなると、ワンワン吠えて
探し回るのです。
トイレだろうとお風呂だろうと、「いない!出てこい!」と鳴き続けます。
家ではそんなに吠えないのに(泣)

結局、出発時にはハルをケージに入れて目隠しをし、こっそりと
家を出ました。
こりゃあDには一泊で帰ってきてもらうことになるな、とこの時点では
誰もが思っておりました。

(つづく)← なんでいつも長くなるんだろう?



留守の間もクリックしてくださってありがとうございます!
 とてもとても嬉しゅうございました!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
スポンサーサイト

男になれ!

ご注意:本日の記事、長いです。申し訳ありませんm(__)m

出発前日、ハルを連れてDと実家に行くと、そこはすでに
修羅場となっておりました。

「壊れた!」「壊れたのよ!」と口々に叫ぶ、父&母。

  たった今、クーラーが壊れた   というのです。

マジで?! どこの? リビングの? まずいよ、それは!
と、4人で騒ぐ。しょっぱなから問題発生。


最初は、ハルの運動場は主にリビングということにして
和室のフスマは閉めておく!
という計画だったのですが、ここで急遽予定変更。
和室のフスマを開け放ち、そっちのクーラーに頑張ってもらうことに。

和室は母の仕事場なので、ハルにイタズラされないように片付けが始まる。
それが終わると、母に食事とご褒美の説明。

ご褒美は、ハウスに入れる時のもの、オシッコが成功した時のもの、
そして・・・我が家の魔法の杖、馬アキレス!

これはハルの大好物なのですが、それゆえに我が家では
シャワーの後くらいしかもらえない、レアなオヤツとなって
いるのです。
「何か拾って離さない、とか、どうしても夜泣き止まない、とか、
そういう緊急事態にこれを使って」と、アキレスを渡す。

そんなこんなで色々と説明していると、母が
「大丈夫よ。お父さんも仕事休んだから」という。
へっ?!


「お父さん、月曜日仕事休んだから」


マ、マジっすかー?!

思わずDも、口を開ける。
ハルのお泊りが、ものすごいイベントになっていくぞ、おい。


その後、昨日も書いたようにハルの後追い&「顔を見せろ!」の
激しい吠えが始まったのですが、
ここで私があまり構うと明日もっとツライことになるので、
放置したままケージに入れ、全員で就寝。



翌朝6時。
ハルはケージ&目隠しの状態で、飼い主たちはコソコソと家を出ました。

無事に・・・無事に生きていてくれ、ハル!
そして、男になれ!


8031.jpg


新幹線に乗って、まず電話。
「吠えてる、吠えてる」と母。
でも、今までの練習の時とは違って、ずっと玄関にいるわけではなく、
通りで人の声がすると、玄関まで走っていって吠えるらしい。
なんだかちょっと、期待が持てそうですな。


秋田に近づいて、また電話。
「フードはあんまり食べない。ウンチは出た」という。
ウンチが出たなら一安心だ!と喜ぶ飼い主。
でも、ウンチは廊下でしたらしい。

ハルはこれまで、おトイレに関しては実家でも失敗したことが
なかったので、ちょっと安心していたのですが。
トレーを適当なところに置いて、「ここでシーシ!」と言えば
どこでも問題なかったのですが。

廊下でウンチしたか!

抗議のウンチだな、と話し合う飼い主たち。


秋田に着いて車に乗り換え、お昼からは本日の調査地、大館へ。
ここで、飼い主たちはあることに気づいたのですよ。
もしかして・・・もしかして、圏外多い?

「これから携帯が圏外になるかもしれないから、何かあったらすぐ
獣医さんに電話して!」と母に電話をする。
早くも疲れの見える母。
さきほどハルにトイレットペーパーを取られ、
「オフ!」と言っても聞かないからアキレスと交換した、という。

も、もう魔法の杖・アキレス登場ですか?!

でもまあ、多くは望むまい。とにかく仲良くやってくれれば
それで良し、と電話を切り、調査地へ。
明日の朝また電話して、その様子によってはDのみ帰還する、という
予定を組む。



さて。宿に戻ったのが夜中だったので、電話はできず。
次の朝、さっそく電話をしてみると・・・

「いい子だったわよ、ハル」とのお言葉!

昨日は昼頃から元気に遊びはじめ、ほとんど吠えなくなったとのこと。
昼間も用事のある時はアキレスで大人しくケージに入り
(アキレス出血大サービス)
夜も静かにぐっすり眠っていたようです。

「そんなわけで、Dくん帰ってこなくていいから!」とあっさり
言われる。


この日は携帯が圏外になることはなかったのですが、
まったく実家から電話なし。あまりに音沙汰がないので、
夕方こちらから電話してみました。

さえ「ハル、元気にしてる?ゴハン食べた?今、何してる?」

 母「フードは食べないから、さえが持ってきた牛肉と野菜をあげたわよ。
   ハルは今、廊下で寝てる。なんかね、自分で涼しいところを
   探して寝てるわよ」

さえ「寝てるって、具合悪いわけじゃないの?楽しそうにしてる?」

 母「楽しくないわけないじゃない!こっちは1日中ハルと遊んでて
   痩せそうよ!」

ハルが落ち着いてきたので、母は次第に私の電話が
うっとうしくなってきたらしい。

 母「あ、ハルが起きた。ハル、ハル、おいで!ママよ!ママから電話よ!
   ちょっとほら、そこで『ハールー』って言ってみて・・・
   あ、逃げちゃった。別に声聞かなくてもいいって!ワハハ」

ハールー!!!(T_T)

「あいつ、きっと腹を決めたんだよ。俺はこの家で生きていく、って」
とD。

そうか・・・ハルよ、おまえもオトコになったんだな。
でもなんだか、ちょっと予想より早いな・・・。


8032.jpg


その夜。
ハル、なんと7時半に就寝させられたそうです。
文句も言わずに眠っていたそうなんですが、父&母が眠りについた
9時半頃(実家の夜は早い)、「キュ~ンキュ~ン」と鳴いたので、
「すわ!オシッコか!」と出してやったそうです。

それから1時間・・・2時間・・・
父&母は閉じかかるマブタを懸命に開いて、ハルとパンダちゃんで
遊んだそうです。
「頑張ったけど、オシッコする気配も見せなかった」と母。
「だから、仕方なくまたケージに入れた」と父。
まんまとハルの計略に引っかかったわけですな。


その後も、玄関でウンチした、とか、ゴハン食べないからオヤツ
あげた(ダメだって)、とか、色々あったようですが、ハル的には
かなりシアワセだっただろうな、という雰囲気のうちに
飼い主たちの帰宅となりました。



え? 帰宅時のハルの反応ですか?


二度見しました。


私がリビングのドアを開けると、ハルと目が合ったんですが、
一瞬彼はスルーしましたよ、ええ。
スルーして、そのあと「ええっ???」という感じでまたこっちを見、
そこからようやく長い歓迎の舞が始まりました。

これってどうなんでしょうね?



母は、「疲れた。痩せた。寿命が縮んだ」と言っておりましたが、
次の日には早速「ハ~リュ~♪」と会いにやって来ました。
まあ、ハルに心を奪われてしまったんですな。


帰り際にはハルを抱っこしながら

「いつでもウチに来ていいんだからね。ママはすぐ勝手にどっか
 行っちゃうけど、そんな時、ハルくんはウチに来るんだよ。
 待ってるからね。アバババババ(←意味不明)」

と言っていたのを、私は聞き逃しませんでした。


「アバババババ」って、何だ?



なにはともあれ、ハルが無事で良かったです。
そして、ちょっぴり大人になってくれた様子なのも、嬉しいです。
ただ、オヤツの威力が半減したのは確かです。



ちょっぴりオトナになったハルに、
 「男だな!」の応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

D、ナマハゲになる

八郎潟の近くで撮った写真。
遠くに見えるのは男鹿半島(おそらく)。
8051.jpg


今回の主な目的は、ある神社の例祭の調査でした。
去年も訪れた集落だったので、氏子の方々に紹介していただき、
例祭の後は一緒に直会(なおらい)にも参加。

ガンガンお酒を注いでいただき、遠慮なくガンガン飲んできました。
Dは運転があるため、自粛。残念ですな。
ってゆーか、どっちが仕事できてるのか、わからないですな。

本来の目的を忘れ、飲めや歌えの大騒ぎとなった飼い主♀。
その隣で、Dは静かにおじさま達の人気を博しておりました。


ところで、そこにはなぜか日本で武道を学ぶアメリカ人青年がいて、
集落の人たちにかわいがられておりました。

まさかアメリカ人に会うとは思っていなかった飼い主たち。
彼もまた、なぜ横浜からここに?!と思ったそうです。

彼は、地元の人に「ロバート」とか「エンジェル」とか
かなり適当な名前で呼ばれておりました。
確かに少々覚えにくい名前ではあったのですが、
エンジェルって。

お酒の入った飼い主♀は、
「ぎゃはは!エンジェルじゃないって!○○だって!」
と、図々しくも地元の人に訂正して回っていたのですが、
しまいには本人に
「それも違う・・・」と言われ、少し正気に返ったのでありました。


次の日は、ナマハゲ行事で有名な男鹿半島へ。
真山の「男鹿真山伝承館」では、毎年大晦日に行われる
ナマハゲ行事を体験することができます。
もちろん、体験してきました。

民家にナマハゲが入ってきます。
8052.jpg


隠れている子どもを捜していますね。
有名な「泣ぐ子いねがー!」ですな。
8053.jpg

この日の観客は6人。部屋の中に座って見ております。
フスマをバシーンと勢いよく開け、壁や戸を叩き、かなりの迫力です。

ナマハゲは、人間の行いが書いてある帳面をめくって、
子どもや嫁の本年の行いを厳しく糾弾。←主人は責められないのか
8054.jpg

この家の子は勉強や手伝いをせずにテレビゲームばかりしており、
嫁は毎晩カラオケに繰り出して朝起きない、とお怒りです。
ふむふむ。



かなり楽しめてしまう伝承館を後にして、次はお隣にある
「なまはげ館」に行ってきました。

中にはなんと、「なまはげ変身コーナー」が。
座っていた女性が、Dを発見して「どーぞ、どーぞ」と勧めます。
ついでに私も、「ぜひ、ぜひ」と勧めてみました。

Dは「えー、どうせブログに載せるんでしょー」と
渋っておりましたが、おねえさんの
「はい、まずはお面をつけずに素顔で~」
の声とともに、こんなことに。
8055.jpg

なぜか満面の笑みです。
「体格がいいと似合うんですよ!」と持ち上げるおねえさん。

おねえさん「じゃあ、お面をつけてみてくださ~い」
8056.jpg

「似合う!本物みたい!」と、おねえさんはなぜか大笑い。
しかし、若干まだ照れがあるようで、なんだかカタイですな。

さえ「もうちょっと動きがほしいね~。あ、いいね~!」
8058.jpg

ナマハゲ、次第にノリノリに。

帰りには「ジーンズじゃない方が良かったな」などと
反省点まで述べるD。
楽しかったのか。

ハルが飼い主の実家で男になりつつあった頃、
飼い主たちもまた、こんなふうに
酔っ払ったりナマハゲになったりしていたのでした。



ところで、最近ではワンコ用のご当地土産なんていうものまで
あるんですね。
しかも、無添加です。早速買ってしまいましたが、
中のクッキーがナマハゲ型だったりして、手が込んでおります。
80510.jpg

左は、ワンコ用チュッパチャップス。
棒の部分は牛皮ガム、上の部分はササミジャーキーのような
モノだった・・・と思います。
ハルがすぐに食べてしまったため、すでに記憶があいまいです。



ハルはやはりお留守番が不安だったようで、
帰ってきた次の日はいつもよりさらにベタベタでした。

ブラッシングの時も
80511.jpg


コロコロしてる時も
80512.jpg

飼い主の足の間から離れません。

普段もベタベタしておりますが、ここまで
「何にもできないじゃん!」というほどではないのですが・・・。

結局二日ほどこんな状態が続き、その後落ち着きました。
やっぱり、ハルにとっては大事件だったのでしょう。


気がつけばこの月末には1歳になるハルですが、
まだまだお子ちゃまです。



「最近、ブログがリアルすぎる」と嘆いているDに、
 応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

PHチェッカー

引き出しを整理していたら、こんなものが出てきました。

8071.jpg

これ、ハルの尿のPHをチェックする、PHチェッカーです。
以前は毎日のようにチェックしていたのですが、
ここのところ、存在を忘れるくらいサボっておりました。


ハルが4ヶ月になったばかりの頃、オシッコの色が濃くなり、
やけにベタベタしていることに気づいた飼い主。
オシッコを持って近くの獣医さんに駆け込むと、
なんと!もんのすごいアルカリ尿!
9.0まで計測できるPHチェッカーをぶっちぎる勢いで、
膀胱炎になっていました。

この獣医さん、今ではかかりつけになっている所なのですが、
その時は初対面。
ヤギ期真っ盛りのハルを見て触診したあと、
「栄養不良ですね」とバッサリ斬られました。
栄養不良?!

「フードは何をあげてます?」と聞かれて
フードの名前を答えると、
「この様子だと、そのフードはハルちゃんに合っていないし、
実はそのフードで膀胱炎になった子を他にも知っています」とのこと。
ええーっ!

原因はなんと、その頃新しくしたフードだったというわけです。


8072.jpg

赤ちゃん時代は手作りに自信がなかったので
フードを食べさせていたのですが、最初にお世話になっていた
獣医さんに勧められて、輸入フードから国産のフードに
替えたことがありました。

その国産フード、実は良い評価と悪い評価に
極端に分かれる傾向があったのですが、
その時の飼い主にはそんな知識もなく、獣医さんを信じて
今までの輸入フードにその国産を混ぜて与えていたのです。

半月ほどして輸入フードがなくなり、国産オンリーになった途端、
ウンチが緩くなりました。
そして、オシッコがベタベタに!


尿道の短いメスよりも、オスの方が膀胱炎にはなりにくいと言われます。
オスが膀胱炎になるのは、冷えすぎや栄養不良による
免疫力の低下などが原因となっていることが多いようです。

さっそく薬を出してもらいましたが、「クセになる場合があるから、
完治までは時間がかかるかも」と言われました。


なるべく早く、薬の服用は切り上げたい!
弱ったハルに免疫力をつけさせるため、そこから
1日4回の手作り食が始まりました。

実家の犬も手作りでしたが、現在の手作り食、昔とはくらべものに
ならないほど、ススンデいますよね。
必死に勉強して、少量のショウガやニンニク、ハーブを
取り入れたゴハンを作ること一週間。
膀胱炎、完治しました!

薬の効果も大きかったと思いますが、膀胱炎の完治とともに
伸び悩んでいたハルの体重がその一週間でかなり増えたのには
驚きました。同時に、新しいフードから全然栄養を摂れていなかった
ことがわかって、ものすごく反省もしました。

8073.jpg


それでも、
あのままベタベタオシッコに気づかなかったら・・・
獣医さんを替えなかったら・・・
などと思うと、早めに対処できて良かったな~、と思います。

ともあれ、獣医さんにも「早かったですね~!」と褒められ、
そこからどっぷり、手作りにハマルことになりました。
同時に尿検査にもハマってしまい、PHチェッカーを購入したわけです。


膀胱炎が治ってしばらくすると、ドライ(輸入)と手作りを
交互に与えるようになりました。
でも飼い主、何かに凝るととことん行っちゃう性格のようで、
手作り食に本気になって、次はBARF(生食)だ!と走り出します。

生の肉や野菜から、カラダに良い酵素をたんまり摂るんだよ~!と
いうことで、徐々に加熱食から生食に移行して行ったのですが・・・

完全に生食に切り替えて一ヶ月ほどすると、
ハルが生肉を嫌うようになり、
ウンチの状態もあまり良いものではなくなってきました。
BARFの考え方はとても好きなんですけど、
まあ、合う合わないというのはあるんでしょうね。
手作りにしてカラダを壊したら元も子もないので
結局また加熱食に戻したりして、試行錯誤しておりました。


現在は朝と夜の2回なので、いずれも手作りです。
お肉は加熱しますが、少しでも消化酵素が摂れるように、
ヒトが生で食べる野菜は生で、微塵切りか摩り下ろしにして
あげています。

ちなみに、今朝のゴハンはこんな感じ。

8074.jpg

鶏肉、サツマイモ、キャベツ(生)、ニンジンすりおろし(生)、
ワカメ、すりゴマ、ピヨカル(kitchen dog! のカルシウム)

ちょっと手抜き?(汗)


食後には必ずといっていいほどヨーグルトをあげてます。
ハルはヨーグルト大好きなので、一度、ヨーグルトをゴハンに入れて
出したんですが、エラク不評でした。

「え~! なんでヨーグルトここに入れるかな~? ちょっと
 シンジラレナイんですけど~! 肉に混じってるよ、ヨーグルト~。
 ゴハンにデザート混ぜて食べるか、普通?! マジ母ちゃん適当だよ。
 俺、もう 食欲なくなっちゃうよ」
 
という目で見られてウットウシイので、それ以降は別々にしています。



そんなこんなで膀胱炎から3ヶ月ほどは、よく獣医さんで
検便や尿検査をやってもらい、自宅でもPHチェックを続けて
いたのですが、ありがたいことに特に異常もなかったので
最近ではすっかり忘れておりました。

何しろ200枚入りなので、まだまだたんまり残っています。
飼い主たちが使う、という手もありますが、特に興味も情熱もないので
時々はハルのシッコをチェックしていくことにします。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

インタビュー

お名前は? 
 「ハル。実はHALだが、俺は字が書けないのであまり関係ない」

8081.jpg

お住まいは?
 「横浜。もっと涼しい所が良かった。飼い主、引っ越せ」

好きな食べ物は?
 「ヨーグルトとヤギミルク。何杯でもいける。飼い主、もっと出せ」

嫌いな食べ物は?
 「果物。未知の物。俺はオオカミのように用心深いからな」

特技は?
 「二度見すること。ため息をつくこと。理由は自分でもわからない」

お友達は?
 「パンダちゃんとD。少数精鋭だ」

好きなことは?
 「遊ぶこと。散歩に行くこと」

嫌いなことは?
 「・・・・・・嫌いなことはない」

おや? 前はずいぶん荒れてたようですが。
 「あれは俺じゃない。弟だ」

以前、幼少期に名倉に似ていたことが話題になっていましたが、
現在は誰かに似ていると言われますか?
 「疲れるとヤギに似てくると言われている」

ヤギ化したハル
8082.jpg


飼い主に文句がありますか?
 「いちいち監視しないでほしい」

飼い主にお願いがありますか?
 「いちいち監視させてほしい」

最近、嬉しかったことは?
 「ばあちゃん家が無法地帯だったこと」

最近、ショックだったことは?
 「Dが書いた俺の似顔絵。家出しようかと思った」


こんなの。
8083.jpg



以前、「きらきらパピヨンズ。スパイクもよろしく!」デンドンさん
似顔絵大会を開いていたのが面白かったので、やってみました。
やんなきゃよかったですかね?




Dが書いたのはパピヨンです。もちろん。
 落ち込むハルに、応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

夏、真っ盛り

暑いですね。

6月、今年初めての蝉の声を聞いて、
あんなに喜んだ自分を呪いそうです。
ハルも朝から晩まで「テテテテ・・・」と舌を出しております。


「テテテテテテテテ」
8101.jpg



「テテテテテテテテ」
8102.jpg

そんなに暑いのに、なぜ腹に乗る?


「なんでだろ?」
8103.jpg



でも、この暑さでハルの食欲は確実に減退しちゃってまして。
体重が気になったので、測ってみました。


カフェに連れて行くために、「マット」のコマンドで
指定されたマットの上に座る、という練習をしていたハル。
それ以来、我が家は体重計も「マット」です。マットじゃないんだけど。

以前は嫌がっていたのですが、いつのまにやら
体重計に乗るのが大好きになり、
セットボタンを押す前にダッシュで乗ってしまうのが難点。
飼い主が体重を測りたいのに、「俺が先」と主張するのも難点。

一回どかせて、セットして、数字がゼロになるまで待って・・・と
なかなかメンドクサイのです。

8104.jpg

さて、結果は

   ハル -100g
  飼い主 -1.2kg

でした。
飼い主の方は普段が容量オーバーであることを考えると
まあ妥当なセンだと言えるのですが、
ハルはあまり痩せないように気をつけようと思います。



ところで、夏の風物詩といえば「怖い話」ですよね。
(あら、無理やりだったかしら?)

みなさんのワンちゃんは、夜、あらぬ方向に向かって
「ウー」
なんて言ったりしませんか?

ハル・・・やるんですよ。

飼い主、それを見ると「やめてけれ~!」と必死に騒ぎます。
気をひくためにパンダちゃんをヒラヒラさせて踊ってみたりするのですが、
時にはまったく効果がないことも。
一点を見つめて
「ウー」
なんて言ってるんですよ。ギャー!やめろって!



ハルも怖いですが、この時期一番イヤなのは、
夜中に仕事をしていて「さ~、息抜きにネットでも見るか!」と
面白そうなブログを読んでいると、話がいつのまにか
「こんな怖い体験をしました」みたいなことになっている時。

そんな前フリ、なかったじゃん!と思いつつ、
読み始めたものは絶対途中でやめられない性格なので
結局最後まで読むことになるのです。

そういう場合、たいてい草木も眠る時間なので、
もう窓の外なんか見れないよ~、電気なんか消せないよ~、ってことで
Dが爆睡している寝室へ飛んで行き、
「さあ、一緒にあっちの部屋の電気を消そう!さあ、さあ!」と
明るく起こすことになります(最悪)。
怖い話を聞いたり読んだりするのは、昼間に限りますな。



そんなわけで、みなさんが
「ナニヨ、イキナリ!こんなもの読みたくなかったわ!さえのバカバカ!」と
絶叫しないように、飼い主、予告することにしました。


次回!
飼い主も「こんな怖い体験をしました」という話を
アップしてみようと思います。

この話、今でも夜中に思い出すのが怖いくらいなのですが、
なぜか友達に話すと爆笑されるのが不思議です。
笑うとこなんて、ひとつもないハズなんですよ。
本当に怖いんですよ。

ふおっふおっふおっ。



「怖くなかったら怒るわよ!」とアツクなるほど
 怖い話が好きな方は、応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

実録!恐怖のクマさん

さて・・・・・・。
今日は、昨日の予告どおり、「怖い話」でございます。

え?タイトルが全然怖そうじゃないって?
ノン、ノン。
真面目に怖いです。「怖いのイヤ!」という方、
ここでUターンですよ。

それでは、いきます。




それは、飼い主17歳のある秋の夜のことでした。



「・・・えらい昔だな」
8110.jpg

・・・・・・・・・・・・。

え~、もう一度。


それは、飼い主17歳のある秋の夜のことでした。

昔から寝るのが遅かったので、その日も遅い時間に
ベッドに入ったと思います。その辺はすでに記憶があやふやなんですが。

ベッドに入ってしばらくすると、なんだかすごく
嫌な感じがしてまいりました。


今まで霊をしっかと見たことはないのですが、気配を感じたり
腕や顔を触られているのがわかる時はあります。
そういう時はものすごく嫌な感じがして
一瞬にして冷たい汗が出てきたり、触られた時は
その部分にすごい圧力で風が当たるのです。
そんな経験された方、いらっしゃいませんか?


なぜか当時は、やたらと金縛りにあっていました。
その夜はうつ伏せになって、顔だけ横を向く体勢で寝ていたのですが、
嫌な気配とともに、やっぱり体が動かなくなりまして。

しかもいつもと違うのは、ベッドの足元の方に何かがいることが
それはそれははっきりと感じられたことです。
しかもそいつは、なんだか私に対してすごく悪い感情を持ってるだろー!
ということがわかるのです。

うわ~、やだな~、と思っていると、その「何か」が、
ズリズリと足元から背中の方へ移動してくるのを感じました。

そして、そいつが背中の真ん中あたりに来た途端、
ズシーン!
と、ものすごい力で背中を押されたんです。
もう、
「あ、わかりました、あなたニンゲンじゃないですね!」と
思っちゃうようなスゴイ力でした。
呼吸が止まりそうなほど、重くて痛かったんです。


うつ伏せ横向き状態なので、枕にホッペタを押しつけて
鼻まで掛け布団をかぶっていたんですが、
思わず閉じていた目を開けてしまった飼い主。
すると・・・

掛け布団の襟のところ、つまり私の顔のすぐ横に
クマの縫いぐるみの顔があって、こっちを覗いておりました。

アギャー!


今でこそハルのオモチャとして家には縫いぐるみがありますが、
実は飼い主、当時は縫いぐるみを持っておりませんでした。
だから、そのクマさんはどっかからやって来たことになります。


目がクリッとした、クマの縫いぐるみ。
多分、縫いぐるみ基準で言えばかわいい部類に入る顔なんだと思いますが、
もうもう、そのクリッとした目玉には悪意しか感じられないのですよ。
オソロシイのなんのって、金縛りにあっていなかったら
完璧にチビってたと思います。
金縛り、バンザイ!


ギョエーッ!とまた目を閉じると、押さえつけられていたのと
同じような力で、今度は上に引っ張られました。
体がフワッと宙に浮いて、なんと、次の瞬間
グルグルと回りはじめたのです。


カフェの天井なんかによくついている、ファンがありますよね?
南国ムード満点の、あのファン。
あんなふうに、体が回転してるんです。
しかも回転しながら、ゆっくりゆっくり上に昇っていくんです。

これ、笑うとこじゃないですよ。
いちばん怖いとこですよ。


だって・・・
上昇していくうちに下にある自分のベッドが見えたんですが、
そこにはでかい千羽鶴が乗っかっていたんです(泣)


ベッドは人(私か?)が寝ているように盛り上がっていて、
その背中あたりに千羽鶴、枕元にクマさんがいるんです。
私、死んじゃったんですか?という状態ですよ。

縫いぐるみも持っていないけど、千羽鶴はもっと持っていません。

しかもこういったものを見ている視界は、真っ赤なんです。
赤いサングラスをかけて、世界を見ているような・・・
『ターミネーター』みたいな感じですな。


もう怖いの怖くないのって。
グルグルとファン化しながらも、
これはマズイ!非常にマズイ!と思っていました。
ゆっくりですが確実に体は上に昇っていっており、
なんとなく、天井まで到達したらそのまま戻れない気がしたわけです。
「死ぬー」と、本気で思いました。

こうしちゃいられない、ってことで、
「南無阿弥陀仏」とか「南無観世音菩薩」とか、
もう知っている限りの、効き目のありそうな文句を
心の中で叫びまくりました。

すると・・・、今度は突然「ドン!」と落とされるような感じがして、
気づいたらまたベッドに寝ていたんです。
金縛りもなくなっていました。


とりあえず脱兎のごとくベッドを抜け出し、
父&母の寝室に駆け込みましたが、
母に「どうしたの?」と言われた後は、パタリと記憶がありません。
どうやらすぐ眠ってしまったようなのですが、
次の日母に聞いたところ、私の体があまりにも冷たかったので、
「どこ行ってたの?!」と聞いたそうです。

まあ、パジャマですから夜遊びするはずもないんですが、
外に出ていたのかと思うほど体が冷えていたらしいんですね。

そんなわけで、これが、今までの中でいちばん怖かった体験です。



ところで。
その日からひとりで眠れなくなってしまった飼い主。
しばらく、父&母の寝室に居候させてもらっていました。


後になって友人にこの話をしたら、彼女の職場の同僚が
同じような体験をしたと教えてくれました。
その人もやはり、キッチンの壁に向かってズリズリと
引きずられていったことがあるそうです。

とても霊感の強い人で、色々な体験をしているらしいのですが、
その時はやはりとても怖かったし、
「壁まで行ったら死ぬと思った」ということでした。


そのキッチンの人が、友人を介して「さえちゃんに伝えて」と
アドバイスしてくれたのは、「ベッドの位置を変える」こと。
今のベッドの向きは悪いよ、と言われて、
すぐにベッドの位置を変えました。
すると、しょっちゅうあった金縛りがなくなったんです。
それ以来、結婚して実家を出るまでベッドの位置はそのままでした。



これ、いわゆる「幽体離脱させられちゃった」ということなのかな、
と思いますが、もう二度と、あんな恐怖は味わいたくないです、はい。


以上、夏の怪談でございました。
お粗末。



怖すぎました?・・・え?怖くなかった?!
 あっ、イタイ!石を投げないで~!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

我が家の脳内とハルからの手紙

最近話題の「脳内メーカー」
ちょっと乗り遅れた感もありますが、一家でやってみました。

まずは、我が家の大黒柱D。
さぞや頼りになるシッカリ脳内なんだろうと
かすかな期待を抱いていたのですが。




20070813031847.gif

ブチ破られました。一瞬で。

悪い幻を秘めている、と読めるんですが。

あっら~、さえったらダマされて結婚しちゃったのね~、
という感じでしょうか?



さて、お次はワタクシ。
実はひそかに、さぞや明るく前向きな脳内だろうと
期待していたんですが。




20070813031930.gif

断言してもいい。こいつに友達はいない。


思春期のロッカーじゃあるまいし、ほぼ「怒」って
どういうことですか?
何をそんなに怒ってるんですか?

こんなのイヤじゃー!



三番手は、我が家イチのピュアなハートの持ち主、ハル。
キミだけは、我が家を暗黒から救い出してくれるだろう。
さあ、行け! 行って母ちゃんを幸せにしてくれ!




20070813032010.gif

・・・・・・ありがとう。
確かに、一家の中で最も明るい脳内ではありました。

で、ハルの「金」って何だ?




凝りもせず、飼い主今度は「あの人からの手紙」にチャレンジ。
これ、その名の通り、お望みの「あの人」から
手紙がもらえるというスグレモノ。

もちろん、ハルの手紙がほしい!ってことで、やってみました。
届いた手紙は、次の通り。



  さえへ

  こんちゃ。今日は、俺がさえのことをどう思っているかを
  書きます。正直いって、俺は、さえを、俺の家来のように
  感じています。
  次に、俺の秘密をさえに教えようと思います。実は俺は、
  超ハードSなのです。あなたのことも、いつも殴りたい、
  むしろラリアートをしたいと思っています。
  ではお元気で。さよーなら。
                          HALより




・・・・・・全然笑えないんですけど。


最近イイ子になっちゃって・・・なんて思ってたけど、
母ちゃんダマされてたのかい?ああん?


↓ 超ハードS
s-DSC01991.jpg




ピュアだと信じた愛犬は、金欲にまみれた超ハードSでした。
 涙も出ない飼い主に、応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

がんばれパンダ

俺は勇者だった。

何日も何ヶ月も、壮絶な戦いを生き抜いてきた。

でも、今の俺は疲れ果てている。

もうこれ以上、ここで戦い続けることは不可能だ。







8161.jpg



俺はもう、じゅうぶん戦った。

自分で自分を褒めてやりたい。

だから、心残りはない。


俺は逃げる。

外の世界へ。



8162.jpg


さらば、戦場。

さらば、わが敵。




8163.jpg





8164.jpg






ハル「もう~どこ行ってたんだよ~!探したぜ~♪」

8165.jpg

無念。





戦い続けて10ヶ月。満身創痍のパンダちゃんに
 応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

食欲復活

暑さのためいささか食欲が減退していたハルですが、
数日前からまたガツガツと食べるようになりました。

よし!ようやく夏と戦う気になったか!と思った途端、
今日の横浜はイキナリ涼しいです。

暑くても昼寝したくなるし、涼しくても昼寝したくなるし、
困ったものですな。

8181.jpg



ところで、この夏、やはり食欲の失せていた私がハマったのは
「カラスガレイ」。

オリーブオイルでカリッと焼きあげ、塩コショウをふるだけでよろしい、
という手軽さも手伝って、よく食べています。

もちろんそういう時は、自動的にハルのごはんもカラスガレイに。

8182.jpg

                カラスガレイと水菜のハル飯




そして、この夏もあまり食欲の失せなかったDがハマったのは、
あるチョコレート菓子の名を冠したアイス。


初めて目にした時は、それはそれは衝撃を受けました。

どんなふうに、そのチョコレート菓子がアイスになってるんだろう?
砕いてアイスに混ざっているのだろうか?
それとも、コーンがそのお菓子ってこと?


ワクワクしながら包装をはがすと、衝撃の姿が。




8183.jpg

                    タイトル「やっつけ」



突き刺さってますよ。
いや、おいしいんですけどね。



思わず実物を買いに走りそうだわ!という方は
 応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

一味違うぜ

週末は、約一ヶ月ぶりにCRADLEさんへ。

前回訪れた時、ハルはどうやらCRADLEさんが
大好きな場所になったらしい・・・と書きましたが、
このたびそれが立証されました。

前日にシャンプーまでして、気合十分なハルの
雄姿をごらんください。


車から降りると、一目散にお店を目指します。

ちょっと行き過ぎちゃって、慌ててUターン。
8201.jpg



なかなか開けてもらえず、地団駄踏んでます。
8202.jpg



ようやく突入!


すると・・・
8203.jpg


キャーッ! kaoruちゃーん!


s-DSC02120.jpg




8204.jpg



・・・うん、まあ、その名も仕方ないな。これだもん。
8204s.jpg




8205.jpg

そうなのです。ハル、ちょっぴりオトナになりました。

今までは、母ちゃんの声すら耳に入らずに
ニオイを嗅ぎまくってたけど、
今回はお店の中でフセやハイタッチもこなせたんだもんな!

8209.jpg

店長のagataさんからもらったオヤツを
初めて食べることもできて、
agataさんも思わずガッツポーズしてくれちゃったほど。
飼い主はもちろん、喜びの雄叫び。


これでもう、一安心でしょう。
ハル、4回目のグルーミングで、
ついにお店に慣れることができました。
ただし・・・おトイレ以外の場所でシッコするほど
気を抜きやがったのは許せん。



この日のハルは最初からかなり積極的。
もちろん床とはラブラブで、しきりにニオイを嗅いではおりましたが、
その一方で

トリマーさんに「アヒ~ン、アヒ~ン♪」
8207.jpg



kaoruちゃんにも「アヒ~ン、アヒ~ン♪」
8208.jpg

kaoruちゃん、ドン引き。


ヒト界・イヌ界の美女に囲まれて、
飼い主が恥ずかしくなるくらいアヒンアヒンと騒いでおりました。
おまえはオヤジか。


82011.jpg


kaoruちゃん・・・
また来月、パワーアップしてたらごめん!
ハイパー・ハルもよろしくね♪



誰に似たのか、かなりのオンナ好きらしいハルに
 応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

行き先は

暑いのと飼い主の仕事が忙しくなったのとで、
お出かけする機会がめっきり減ったハル。

夏になるまでは河原で遊んだり海に行ったりしていたけれど、
最近はなかなか外で遊べない。
ちょっとかわいそうだよな・・・と思っていた矢先、
飼い主、長野県に行く用事ができました。
最初は一人で行こうと思っていたのですが、
ハルが「俺も行く」と。


というのは冗談ですが、Dが、長野に行くなら
ハルを連れて行きたいところがあるから一緒に行こう!
と言うので、結局みんなで行ってきました。
もちろん、地獄の日帰りです。


ハルはいつも、飼い主が起きるまで眠っています。
飼い主が起きると、「待ってました!」と飛び起きるのですが、
この日はあまりにも朝が早かったので、飼い主が起きてきても
「あれ~?」という感じで、ケージの中でゴロゴロしておりました。

が、「出かけるよ!」と言った途端、テンションUP。
さっさか車に乗り込み、ポジションキープです。

しかも、早々にポケットからアキレスを盗まれる弱い飼い主。

82201.jpg


久しぶりの遠出がわかるのか、大ハシャギです。


途中のパーキングでは、たくさんのワンコに会いました。
やはり夏休み、ワンコ連れで遠出する方も多いのですな。

82202.jpg



10時頃、ようやく塩尻市に到着。
そそくさと飼い主の用事を済ませ、
次なる目的地、ハルの遊び場へ向かいました。
もうなんだか、どっちが本来の目的だかわからなくなってます。


そして、着いたところは・・・ジャーン!



82203.jpg

奈良井川~!

っていうか、すでに木曽路ですから。
早くも飼い主たち、疲れ気味。



実はハル、シャンプー嫌いの水嫌いです。

お風呂場は大好きなのに、洗われるのは嫌い。
ドライヤーは大好きなのに、洗われるのは嫌い。
なんとか水を好きにさせようと遊びに行った海では、
イキナリ波にダイブして、水嫌いに拍車がかかる始末。

今度は波のないところで、ハルに水遊びの楽しさを教えたい!
ずっとそんなふうに思っておりました。

もちろんそこには、「水遊びが好きになったら、ついでにシャンプーも
好きになっちゃうかも!ウシシ」という飼い主の下心があるわけですが。

今度は海のような失敗をさせたくないので、
この日のために飼い主たちは用意周到に準備を重ねてきました。
真の目的をハルに悟られないように、
キャッキャ、キャッキャとはしゃぎながら練習したものです。



名づけて、「タライ水練」


s-DSC02030.jpg

いや、大真面目です。念のため。


シャンプー嫌いの水嫌いは、シャワーの音や水圧が
原因の場合があると聞いて、
タライに水を張って水遊びの練習をすること2回。
ハルも段々、楽しくタライに入るようになったので、
2回目はついでにシャンプーもしてしまいました。←乱暴

さあ、この乱暴極秘プロジェクトの成果がどう出るか。



ハル、着いたよ!


82204.jpg

なんだその変なテンション。

川だよ。水遊びだよ。夏だからね!
でもちょっと、思ったより急流だったけど。あはは。



82205.jpg

いや、そんなこと言わずに、まあまあ。



82206.jpg

う~ん。

(つづく)



タライ水練のショボさに思わず言葉を失った方は
 応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

初めての川遊び

そんなわけで、最初「俺は入らねえ!」という姿勢を
見せていたハルですが、
飼い主たちが「おいで~!楽しいよ~!」と呼ぶと
恐る恐る入水。

かわいいもんですな。

いや確かに、「行っちゃうよ~!」とか
「バイバイだよ~!」とか
そういう脅しもかけましたが。


82301.jpg




82302.jpg




82303.jpg


・・・・・・いや、いい。それでもいいんだ。
最初にしては良くやったと母ちゃんは思うぞ。


82304.jpg


ハルが呆然としている間、
初入水の初動画をお楽しみください。
(音声あり。水音が結構デカイです)





ヒンヒン泣いてますね。
この後は、少し余裕が出てきたようで・・・


もっかい入る。
82305.jpg



ジャバジャバしてみる。
82306.jpg



もしかしたら気持ちいいかもしれない・・・
なんて思う。
82307.jpg


という感じで、結構楽しんでいるようでした。←飼い主だけ?


さすがに川の中で笑顔こそ出ませんでしたが、
自分から深い方へ行くようにもなったので
(流れが速くて流されかけ、こっちがかなり焦った)
もう少し流れのユルイ川なら、楽しく遊べるかもしれません。

タライ水練、ばんざい!


そんなわけで、飼い主にとっては
とても楽しい一日となりました。



帰りには諏訪湖にも寄って
82308.jpg




爆睡。
82309.jpg



フラッシュ焚こうが、突っつこうが、
微動だにせず眠っておりました。

この夏、また川に行けたらいいんだけどなー。



初川遊びに頑張ったハルと、初動画に頑張った飼い主に
 応援クリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

私は誰でしょう

82501.jpg


ん? ハルどうした???



82502.jpg

えっ?!



82503.jpg

えええっ?!





82504.jpg




82505.jpg


あのぅ・・・・・・・・・どちらさんですか?




82506.jpg












82507.jpg







82508.jpg



・・・・・・・・・
美輪さん・・・。



ちょっぴり芸達者になってきたハルに
 応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

おめでとう、ハル


キミが我が家に来た時は
とっても小さくて、抱っこするのもドキドキしたんだよ。


82901.jpg



いっぱい遊んで

82902.jpg



いっぱい眠って

82903.jpg



クリスマスの前には初めてのお散歩。

82904.jpg



アンヨがどんどん伸びてきて

82905.jpg



名倉に似てきてビックリしたり

82906.jpg



思いっきりグレてみたり

82907.jpg



ちょっと勇気が出てきたり

82908.jpg


本当にいろんなことがあったね。



泣かされたこともあったけど、でも

それよりもっとたくさん、キミに笑顔と幸せをもらったんだ。

82909.jpg



ありがとう、ハル。


生まれてきてくれてありがとう。

うちに来てくれてありがとう。

いろんなこと教えてくれてありがとう。

健康でいてくれてありがとう。

いつも笑顔でいてくれてありがとう。



そして、

好きになってくれてありがとう。



82910.jpg





1歳のお誕生日おめでとう。

これからもずっと、一緒に笑っていようね。


82911.jpg







やんちゃ坊主も、無事に1歳の誕生日を迎えることができました。
 いつもお付き合いくださってありがとうございます。
 これからもよろしくお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。