スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑のベランダの復活なるか⁈ その弐

そんなわけで、一気に数が減ったわが家の鉢植えたち
(決して私が手を下したわけではありません)。

生き残った少数精鋭部隊は、鉢を軽くするために
ギリギリまで乾燥させられる、というさらなる試練を乗り越え、
ついに植栽置き場に移動となりました。



2016022501.jpg
         部屋の中で頑張ったやつもいる



さて、鉢植えをえっちらおっちら植栽置き場に運んだあとは、
ハルの散歩のついでに時々様子を見に行く程度で、
ごくごくたまに水も遣るけれど、基本的には自然に任せる…
つまりはほとんど放置という生活を続けて数か月。

秋が終わり、冬が来て、1月。
ものすごーく久しぶりに植栽置き場を見に行くと
1月中に何度か降った雪の影響か、土はジットリ濡れていて
テラコッタ鉢はとても持ち上げられないほど重くなっておりました。

そろそろ工事も終盤だったので、私は思ったものです。
この鉢が軽くなった頃が移動の時期ね、と。



2016022502.jpg
             鉢の写真を撮ってたら、いきなり膝に乗ってきた。
                          「俺も撮れ!」




そして1月の終わり。
ようやく南面ベランダの工事が終わって、
植物たちを元に戻してもよろしい、という許可が下りました。

バラの剪定がてら鉢を見に行ったところ、
鉢土の表面はまだしっかり濡れていたので残留決定。
まあ急ぐことでもないしーなんて思いながら
その日はちゃっちゃっと剪定だけして家に戻ったのでございます。


数日後。
植栽置き場を見に行くと、鉢の土はまだ濡れておりました。
試しに持ってみたら、お、重いー。
冬は生育が止まっているから、なかなか水を吸わないのです。

しょーがないなー、と、テラコッタの移動は諦めて
プラスチックのプランターだけ持ち帰った私。
それでも重かった…。
この時点で残っているのはバラの鉢植えだけとなりました。
 


2016022503.jpg
                   キャンディタフト



さらに数日後。
今日こそは移動!と植栽置き場に行くと
なんと、まだ土が濡れているでござるよ (´Д`)
この時点でもう2月。

いくらなんでもこれ、乾くの遅くない? とギモンが湧き
周囲の鉢を見まわしてみると、
離れたところの鉢はカラッと乾いていることが判明。
湿っているのはわが家の鉢が置かれている一帯のみ。

つまり、どなたかが水遣りをしてくださっている…
ということに、遅まきながら気づいた私でありました。

ありがたい! ありがたいけど、今は冬。
実に言いにくいのですが、正直なところ乾き気味のほうが
嬉しかったりしちゃったりなんかしちゃったりして… てへっ。←気が弱い

しばし鉢の前で悩んでみたものの、
鉢の重さに負けて、この日も手ぶらで帰宅。



2016022504.jpg
            何年か前のラ・マリエ



そしてまたまた数日後。
今日こそ移動!絶対移動!と鼻息荒く植栽置き場に向かった私。
バラの鉢はまったく乾いていなかったけれど、
このまま待っていてもきっと乾くことはない、ということが
ようやく私にもわかってきたので
もう重くても運ぶしかないのです。頑張るのであります。

しかし、テラコッタの鉢にはところどころにムクドリかなんかが落とした
種混じりのフンがくっついており、
持ち上げるのに少し勇気が必要でありました。
しばらく 「……」 という感じで鉢を見つめていたんですが、
なんということでしょう。
私は気づいてしまいました。

鉢土の上に、なんだか小さな白いツブツブが
たくさん転がっているじゃないですか。


ひっ、肥料が撒いてあるうううううううう ( ̄▽ ̄;)



これが決定打となり、
私は意を決して重くて小汚い鉢を持ち上げ
よろよろと自宅を目指したのでありました。


いやいやビックリしたよ、もう。




スポンサーサイト

緑のベランダの復活なるか⁈ その壱

逆光のためヒジョーに見辛い写真でごめんなさい。
わが家に光が戻ってきました!

2016022301.jpg

マンションの大規模改修工事がほぼ終わり、
南面のクロスが外されて
数か月ぶりにお日さまの光と再会したのです。
ううっ、長かったよー(´_`。)


この大規模改修工事はほんとに色々大変だったんだけど、
まずは工事が始まるに当たって
ベランダの植物たちを片づけなければならないのが
最初の大仕事でした。


今、ベランダはすべてが新しくなって
こんなふうにガラーンとしていますが、
2016022302.jpg


かつては植物たちの楽園だったんざますのよ。
2016022303.jpg

…というのは嘘です。ごめんなさい。

正直に言うと、むしろわが家のベランダは
植物の住まいとしては地獄に近い
過酷な環境だったと思います。


ただでさえマンションの南面ベランダというのは、
植物たちにとって、夏の暑さと年間通しての強風という悪条件を
鉢植えの極狭スペースで乗り切らなければならない不良物件であります。

そのうえわが家では、私の仕事が忙しくなると
途端に世話がオロソカになり (超乾燥)
逆に暇になると何かしたくて水を遣りまくる (超過湿) という
人為的な被害もあったので、生き残る子は少数でした。 (小声)


しかし!その代わりと言ってはナンですが
生き残った子たちはすべて強健!ふはははは!
…って、私が威張ることじゃないんですけどね ( ̄▽ ̄;)



2016022304.jpg
            2011年のオクラホマ



で、大規模改修工事に当たって
そんな強健な猛者たちをどうしようか、
という問題が浮上してきたわけです。

部屋の中に入れる、とか実家に運ぶ、とか
いろいろな選択肢がありましたが

部屋の中に入れる → 「中に入れたら10日で枯れたって!」 というご近所さんの声により、却下。
実家に運ぶ → 鉢がほぼテラコッタで重いため、みんなの腰が持たないということで却下。

というわけで、
マンションの敷地内に設けられた 「植栽置き場」 に
全員移動してもらおう、ということに決めました。


植栽置き場は屋根のない場所で、もちろん集団生活。
わが家の植物は雨を浴びたこともないし、
農薬を使ったこともない箱入りムスメたちなので (地獄には住んでるけど)
病気が心配だったんだけれど、仕方ない。


しかし、植栽置き場への引っ越しが決まった頃
まったくもって不思議なことに
選り抜きの猛者たちが一人、また一人と
「それじゃ、失礼します…」
という感じにいなくなっていったんです。
つまり枯れたんです。

あんなに強い子だったのに…。



季節は夏。
生き残ったのはほとんどバラだけでした。

またまたその2に続くぞ。





春のベランダ@2011

    11060701.jpg

         ※ ここは 「ハル三昧! 」です



まさかのバラ写真で始めてみました、こんにちは。
実はアタクシ、バラを育てておりますのよ。
おほほほほ。



・・・なんて言うと、

「寝ぼけたこと言ってんじゃないよ、
グリムスもまともに育てられないくせに」


という声が聞こえてきそうですが、
はい、おっしゃるとおりです。


11060704.jpg


発芽から432日も過ぎたのにこの小ささ。
しかも1本目。しかも先日まで瀕死状態。
・・・ご、ごめんねグリムス。



それはともかくとして、
わが家のちっちゃいベランダには
ちっちゃいバラの鉢植えが存在するのでありました。


  11060705a.jpg


独身時代、実家のバラの世話係だったので
結婚してからも 「バラがほしいなー」 と思っていました。

でもマンションだし、ハルいるし、
農薬使えないし・・・などなどウジウジ考えていて、
ようやく3年前に 「ま、いっか!」(悩んだ割に適当)と
無農薬栽培を始めてみた次第です。


11060705b.jpg


  11060705c.jpg


案の定、去年までは春になるとウドンコが結構出ちゃいまして。
そのたびに、お酢を薄めて葉っぱを一枚一枚拭く・・・という
気の遠くなるような、辛く切ない作業をしておりました。

しかーし!
3年経った今年はどうしたことか、バラ軍団、無病息災でございます。
お酢の出番も一切ナシ!

あの時ヤケになって農薬ぶっかけないで、良かった良かった。



ハルも相変わらず、ここからベランダ作業を眺めております。

  11060703.jpg

「ベランダに降りたら世界が終わる」 と信じ続けて早4年。
意外と生真面目。



私はバラの蕾が非常に好きなんですが、
うちでいちばんのカワイコちゃんはこちら。

  11060707.jpg


咲いたらこんな感じ。

  11060708.jpg

咲いても可愛いんだけど、残念なのは
茎が細くてすべて下を向いて咲いちゃうこと。

樹高も低いので、ベランダに這いつくばって花を見なきゃならんのです。
いっそ吊るすか・・・。



あ、クレマチスも元気です。

  11060709.jpg

          11060710.jpg


というわけで。

以上、過酷な世界でたくましく生きる
猛者たちの表情をお送りいたしました。




雨期と乾期

わが家のベランダには雨期と乾期がある。

要は私が暇な時とそうでない時とで、
水遣りその他にものすごい差が出るのだ。


そんなことじゃいけないとは常に思ってるんだけど、
バタバタしてるとベランダの植物たちのことをうっかり忘れてしまう。
で、暇になると今度は何かやりたくて仕方なくなるので、
過剰に水遣りをしてしまう。
植物たちは水切れギリギリと根腐れギリギリを行ったり来たりさせられるわけで、
さぞ辛いだろうと思う。申し訳ない。


この春休みは、私もいいかげん反省したのであんまり余計なことはしなかった。
しなかったんだけど、時すでに遅しというか
この前の乾期の時(年末だな)の仕打ちに耐えかねたモンタナが、
先日ついに枯れてしまった。


 10040801.jpg
      これはたぶん、3年位前のモンタナ。


ちょびっと出た芽が一向に動かないので、おかしいなーとは思っていた。

実は、もう先月の頭には

10040802.jpg


なんて気がしなくもなかったんだけど、
そのカラッと乾いた感じの芽は見なかったことにして、復活を待っていたのだ。


でもその後、モンタナより遅いはずのクレマチスが
すくすく蕾を膨らませているのを見て、

10040803.jpg

私もついに復活を諦めた。というか
モンタナが枯れたことを認めざるをえなかった。

ごめんよ・・・。


で、今月一日 (だったかな)。
モンタナの代わりというわけじゃないけど、ブログにgremzというパーツを貼り付けてみた。

これなら枯らさないわ。

10040804.jpg

「あなたのブログで苗木が成長したら、リアルで一本植樹します」 というgremz。
これ、ブログのエントリーが水遣り代わりなのである。


よくよく考えたら、ベランダだけじゃなくて
このブログにもかなり雨期と乾期があるんだけど、
なんとか枯らさないように頑張っていきたいと思うのであります。きりっ。




そして早くも乾期の気配。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

春の気配

少し前まで、春のような陽気が続いていたハル家生息地域。
立て込んでいた仕事がようやく片付いたので、
そうだ、鉢花の植え替えをしようではないか!と思い立った。

秋からこの方ほったらかしで、ほとんど荒野のようになったベランダに出てみると、
なんだかとても嫌な気配がした私。


案の定、今年も発見。
10021201.jpg


特大のバッタである。
10021202.jpg
そう、ポカポカ陽気が嬉しいのは人間だけじゃないのだ。
でもなぜいつもうちなのか。うちのベランダなのか。

イモムシとか、アブラムシ程度ならまだいい。
残念ながら植物を育てていればそういう虫はつきものだし、私もなんとか対処できる。
でも、こういう「飛ぶ虫」はダメなのだ。
やつらはいきなりこっちに飛びついてくる。
だから、出会ってしまった以上、もうコヤツから目を離すことはできなかった。
ちょっと目を離して行方がわからなくなるのが一番怖いのだ。
コヤツがどこかへ飛び去るまで、その一挙手一投足を見張っていないといけない。

で、ただぼんやりと見ているのもシャクな私は、
カメラを構えてやつを撮りまくったのだった。


しまいにはハルを呼んで、
10021203.jpg


バッタと記念撮影。
10021204.jpg


お、気づいた。
10021205.jpg

誰かに見られたら、
「あの奥さん、バッタ好きなのねー」
と思われること間違いなし!くらいの勢いで、バッタを眺め、撮りまくる。
違うんです、大嫌いなんです、ホントに。


そのうち、出かけていたDも帰ってきて見学会&撮影会に参加。

腹側も撮ってみる。
10021206.jpg


ハルだって警戒を怠らない。
10021207.jpg

そんな感じで、二本足やら四本足やらが入れ替わり立ち代わりギャーギャーと見物に来るので、
そのうちバッタは 「辛抱たまらん!」 という感じでバタバタと外界に羽ばたいていった。
めでたし、めでたし。



この後、私はクレマチスの植え替えをした。
時期的には一ヶ月ほど早かったけど、一ヵ月後に植え替えをする時間があるとも
限らないし、こんなに暖かいんだから大丈夫だろうと思ったのだ。
そしたらすぐに、雪が降った。
その後も順調に寒さが続いている。
大丈夫なのか、クレマチス。
頑張れ、クレマチス。



おかげさまで、ハルのお腹の調子はすっかり安定しました。
 今は食欲の鬼と化しております。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

 コメント返し、遅れててスミマセン。しばしお待ちを!

ベランダあれこれ

ハルはリビングの窓から外を眺めるのが大好き。

9062301.jpg

窓を開けると一目散に走ってきて、空を見上げてます。



  9062302.jpg

そしてベランダで水遣りが始まると、なぜかとても喜びます。
枯れていく植物たちを見たくないのかもしれません。←時々やる。


ハルはベランダに降りるのがNGなので、
飼い主がゴソゴソと作業している間、ずっとこうして見学。

しかも、絶妙のタイミングで飼い主の膝めがけてジャンプをかますので気を抜けません。

ついでに、万が一目測を誤ってベランダに下りてしまうと
下りてはいけない場所に下りてしまった困惑からか、
その場で固まって動けなくなるというオマケ付き。

母ちゃん、時には手がドロドロのこともあるので、
自力で部屋に戻ってくれると嬉しいです。


     9062303.jpg

                           9062304.jpg

     9062305.jpg

モンタナは終わっちゃったし、今のところ我が家のちっちゃいベランダはハーブ中心。
香りと虫がつかないところが好きなのです。
あと、手がかからないところ。てへ。

あ、もうひとつ。

   9062307a.jpg

美味しくいただけちゃうところ。むふ。


見てます、見てます。

  9062306.jpg



こちらは先月仲間入りしたハーブ。

     9062308.jpg

                        9062309.jpg

ハルの体にいいかも!と教えてもらって増やしたんですが、
勧めてくれたSさんはドライを勧めたつもりだったらしい。
これから自分でドライにします・・・。

しかもぼんやりしてたら、
スカルキャップは花咲かせとるし。あかーん。


世話が楽なものばかりといっても、この時期、毎日の水遣りは必須。

9062310.jpg

ベランダ作業(見学)が好きなハルをお供に、
せっせとベランダに出ています。


   9062311.jpg



ベランダ奥地には頑強なメダカも住んでいます。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。